社会福祉法人 慈愛園

慈愛園について


次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

策定日:平成29年10月6日

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員が安心して働きやすい職場環境を整備することによって、
全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間
平成29年11月1日~平成32年3月31日

2.内  容

◆目標1
年次有給休暇の取得率向上のため、計画的付与制度を導入する。

【目標達成のための対策】
平成29年11月~
計画的付与制度の導入のため日数など制度の詳細について検討する
また、月1回開催される施設長会議において
前月末日現在の職員の年休取得状況について報告をすることとし
各施設の取得状況を把握するとともに施設長自身が職員の年休取得状況に対する
意識を持つことで年休取得率の向上を図る

平成30年 1 月
検討した結果をもとに、就業規則の変更などの所要の措置を講じる

平成30年 4 月~
制度を導入し、職場内回覧や、見やすい場所に備え付ける
朝礼・職員会議で話題にする等の方法により全職員に周知する

平成31年 4 月~
前年度分の年休取得状況を把握し、取得率について改善が見られたか確認し
必要に応じて見直しを図っていく


◆目標2
引き続き配偶者出産休暇制度、子の看護休暇制度、孫の看護休暇制度等の
育児や介護に関する休暇制度について周知を行っていく。




女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

策定日:平成28年3月31日

女性が就業継続し、活躍できる職場環境を整備するために、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間
平成28年4月1日~平成32年3月31日

2.取組内容
◆目標1
人材育成を目的とした環境整備を行う。

【目標達成のための対策】
平成28年 4月~ 業務内容、役割区分の現状把握と検討
平成29年 4月~ 在職年数、職責ごとの研修プログラムの検討
平成29年10月~ 研修プログラム等の実施
平成30年 4月~ 管理職等による定期的な面談、計画の検証


◆目標2
非正規雇用から正規雇用への転換制度の整備と40%の採用を目標とする。

【目標達成のための対策】
平成28年 4月~ 対象となる職員に対しての研修プログラム等の検討
平成29年 4月~ 研修等の実施
          管理職等による面談や転換制度の周知、受験の勧奨
平成30年 4月~ 転換制度の実施状況の把握、制度の検証


◆女性の活躍に関する情報公表事項(平成28年度)
 【法人の平均年休取得日数】
  女性 常勤職員 16.9日、非常勤職員(パート職員等含む) 13.0日
  男性 常勤職員 16.5日、非常勤職員(パート職員等含む) 12.7日
 【法人の平均年休取得率】
  女性  常勤職員 65.1%、非常勤職員(パート職員等含む) 83.1%
  男性  常勤職員 61.2%、非常勤職員(パート職員等含む) 80.3%
 【法人の育児休業取得状況】
  女性の育児休業取得人数 常勤職員 3名(取得率100%)、非常勤職員(パート職員等含む) 4名(取得率100%)
  男性の育児休業取得人数 常勤職員 0名(取得率 0%)、非常勤職員(パート職員等含む) 対象者なし